· 

またぞろ増えてきてきますね・・・

当社では、細かなところを含めて、厚労省や東京都等の予防対策ガイドラインに沿って、十分な感染対策をとっていますが・・・・世の中的には、都内で緊急事態宣言が解除された今、第4波かと思われる新型コロナウイルス感染者が増えてきています。東京だけでなく、宮城県、大阪府、兵庫県と全国的にも急増。テレワーク移行が難しいわたしたちの職場では、改めて感染予防を強化しなくてはなりません。

 

TVやネットのニュースで数字だけに踊らされるのではなく、冷静に日々の一つ一つの行動に細心の注意が必要です。実際感染した方から、一体どこで何をしていて感染されたのか、それらを分析しまとめた厚労省や国立感染症研究所からのレポートなどが役に立ちます。

 

私は、クラスターが発生しやすい接待を伴う飲食、一般的な飲食店での多人数会食や、カラオケ、ジムなど行かないから、大丈夫と思っている方も多いようですが、ほんとうに安心できるのでしょうか?そんな方の中でも、特に気をつけないといけないのが職場であり、実際職場クラスターも多々発生しています。

 

  1.  会議参加者同士が十分な間隔を取り、会議参加者全員マスクをしていたが、会議が行われた部屋が暑く、クーラーをかけ締め切っていたため、換気がなされていなかった。
  2. みんなが触る機器や物品に、こまめに消毒されていなかった。
  3. お昼休みが固定的な時間帯で、皆一斉に社員食堂スペースに集まり、食事中のため、マスクを外していた社員も多い状態でおしゃべりしていた。同様の事例は、更衣室なども起っています。

 

これから夏に向かい、①は深刻で、つとめて換気に注意しないといけません。

また②は、誰かがやるのではなく、消毒担当を決めて行い、そのチェックも怠らない体制を取りましょう。

そして③は、社員が一斉に集まる状態を避けるため、休憩時間などはあえてずらす工夫が必要ですね。